軽度のワキガなら飲み薬や塗り薬で治療できる

女の人

軽度と中度

女性

手術の必要がない軽度から中度までのワキガであれば、簡単に臭いを抑えることができるでしょう。まず、軽度なら普段の対策から、中度ならボトックス注射などで治療が可能です。

Read More

手術の流れ

脇

臭いのキツイ重度のワキガは手術による治療が必要です。そして、手術には手順があるので勉強しておくと良いでしょう。手術の方法は直視下手術という方法が一般的と言える手術です。

Read More

クリニック選び

女性

重度のワキガを治療するには手術が必要になりますが、傷跡が気になる方には非直視下手術法が適しています。この方法で手術を行う場合にはクリニック選びも大切になってきます。

Read More

飲み薬と塗り薬

ウーマン

一口にワキガと言っても、状態は様々です。症状も重度の物から軽度のものまであります。その中でも、軽度のものであれば飲み薬や塗り薬で治療する事ができるのです。軽度のワキガのち療法についてお教えしていきます。
一般的にワキガと言うと、手術での治療を思い浮かべる方が多いでしょう。しかし、症状によっては塗り薬や飲み薬で臭いを抑えることも可能です。大切なことは症状にあった治療をすることでしょう。基本的に軽いワキガであれば、手術の必要はありません。手術と聞くと、傷跡が心配だとか怖いといったイメージを持つ方が多く、治療を行う勇気をなくしてしまいます。重度のワキガであればもちろん手術が必要ですが、軽度であればその必要はないので安心です。
基本的に軽度のワキガは塗り薬と飲み薬で治療します。塗り薬としては塩化アルミニウム液という液体を使うことが多いでしょう。この液体をテッシュや布などに染み込ませませて、臭いが発生している部分に塗ります。これは汗の量を抑える液体ですが、同時に臭いも抑えることができるでしょう。飲み薬としては、臭化プロバンテリンがあります。こちらも汗の量を抑える役割りがあるため、臭いを軽減する効果が期待できるのです。また、精神面や自律神経に働きかける薬もあります。臭いが出ることに不安や恐怖心を和らげる効果があるため、精神的な発汗を抑える効果があるのです。このように、軽度のワキガであれば飲み薬や塗り薬で治療することが可能なので、軽いワキガの方は薬で治療してみましょう。